fishtail2017 ~遠くても…空とこの道出会う場所へ~

主にツーリングや日々想う事などを書いてゆきます

今日は6月7日、バケペンの日

あれは俺がまだ10歳か11歳の頃だったろう?

夏の商店会での夜店に家族で出かけた時、カメラ店のショーウインドウにひと際目立つ存在の中判カメラが有った。

 

黒光りするボディに意表を突く木製グリップ、その姿が今でも鮮明に焼き付いている。

 

 

ペンタック 6×7、現在風には「バケペン」と言うらしい。

 

ゴールデンウイークにも伯備線(本当はもうとっくに記事として掲載予定なのですが)

の撮影をしてきましたが、美しい新緑や水を張って間もない田んぼ等周りの景色を生かした風景鉄道写真と言える撮り方が多くなりました。

そこで問題になるのが、フィルム撮影での画素不足(フィルムの粒状性が足らない)を意識するようになった事と、同一ポイントでお会いした方々で67で撮影されておられる方と話した事から欲しくなっていました。

フィルムの種類ま限られれ値上がりもし、67本体やレンズも劣化し動作不良たものが多く、冷静に考えると今更手を出すべき手ない事は明らかです。

でも、今ならまだ中判フィルム撮影を行える(という悪魔のささやき)間でこの1カ月迷っておりましたが、色々実店舗やらネットやらさがしており、6月7日前に入手しました!

まずは55mm広角レンズでフィルム何本か撮影し、慣れてゆきたい。

 

バケペンは、下記4段階に大別されますが相棒となったのは「67」で比較的新しい方で綺麗でマズマズのコンディションの物です。

6×7前期:ミラーアップ機能なし

6×7後期:ミラーアップあり

67(×がなくなった)

67Ⅱ:電子化制御化され絞り優先オートが付いた(AEファインダー)

67Ⅱはマズマズ程度のものであれば30万円越えでとても高くて、というのも有ります。

 

冒頭夜店でみたウッドグリップ付きの物(単品で2万円位するので)を探しました。

 

これから、よろしくな!



末永くこの相棒とも付き合って行きたいと思います!!!

1985年夏、伯備線その2.8月3日3重連本番

前回記事のロケハン成果を出すべく本番の8月3日になります。

余談ですが8月3日日って晴れの特異日でこの日も猛暑でした!

 

この日は恐らくですがメインの3重連が正午付近と思われ(フィルムコマ順より)、

高梁川第5橋梁のポイントでの場所取り(と言ってもそれほどシビアで無かった気もしますが)等で方谷駅から歩いたのでしょう。

 

車番が判別できないのが残念です

 

これは全くの失敗写真ですが。。。。

この頃の国鉄山陽本線では普通電車の本数を大幅に増やす為に、編成の長かった115系の中間者を先頭社改造していたと記憶しています。これもそういった車両なのかとは思うのですが、改造先頭車ももう少しまともに先頭車らしくあり、ここまで改造車とわかる平面的な断面のものは記憶になかったです。

尤も、ありふれた115系湘南色に当時は興味無かった、という事も影響していそうです。

 

ありがたく、EF64 12号機けん引の貨物頂きました。

朝日が鉄橋に当たり始めます。

 

通勤時間帯からでしょうか?上り普通電車6連です。今でもありますが。

こちらは下り3連、やはり倉敷・岡山方面へ出る人が多いのでしょうね。

7月30日からこのコマまでがコダクローム64での撮影です。

コダクロームらしさと、超微粒子性が分かります(正直色味はエクタが好きでしたが、381系特急色に合わせてコダクロームを選択していた)

 

ここからはフジクロームです。なんでエクタを使用してないのかは不明です。

多分3重連をこのアングルから狙おうと考えた訳ではなく、気分を変えたかった??

 

本命のEF64 3重連です

先日掲載のものから連写で1コマ後の物です。

少々後ピンですがレンズの周辺描写性能やシャッター速度も60か125で(速度も遅かったのも有りますが)角度的にきつく(ブレ易く)なった等も絡んでいそうです。

 

ついでに撮ったと思われるやくも(撮っておいて良かった)

 

手摺が車輪部分までかかってしまっていますが、脚立等なく仕方なかった。

 

第6橋梁、雰囲気いいですね~

光線から察するとまだ午後2~3時頃と予想しましたが、どうでしょう。

 

ちょっと右側から木洩れ陽が当たり始めます

 

この写真がこの2日間でのベストショットです!!!

某雑誌の写真コンテストに送ったような記憶が!ただ鉄道写真(特に編成写真の部類)はコンテストとは遭わない事に後で気づくのでした。

 

 

この2日間の最終カット、これもいい写真が撮れました!!!

2024年の381系引退まで、なるべく通いたいと思います!

 

それでは!

 

 

1985年夏、伯備線その1.7月30日ロケハン

あっという間に4月末、先月381系国鉄色のやくもがリバイバルされたことに触発され、1985年に遠征したときの写真を掲載したいと思います。

7月30日と8月3日に訪れており、8月3日にEF64三重連が運転される下見として7月30日に訪れたと思います。今となっては微かな記憶です。

 

伯備線の恐らく方谷駅で下車して井倉方面に歩いたのではないかと思います。

が、改めてフィルムで撮影した順番を確認してみると、どうやら井倉駅から方谷駅へと歩いた様です。

 

初めてトンネル出口からの撮影にトライ!
撮影時の記憶は全く無く、場所を調べてみたら伯備線横瀬山トンネルの井倉駅側でした。

コダクロームで撮影、先頭だと思われますがヘッドライト点灯してません。

当時は昼間にヘッドライトを点灯して走る事は例外的(優しい運転手さんがてっちゃんに気づいたら点灯してくれていた)でしたが、流石にトンネル内では点けるだろうが???テールライトもついてませんが?角度的に点灯していれば映ると思うけれど。。。

 

↑の写真のケツ打ちでしょうか?

 

今となっては現役がいなくなってしまったEF64 0番台

2日間遠征したわけですがEF64 0番台貨物の写真は掲載可能なものはこれくらいしかありません、残念。

 

高梁川第6橋梁です、横瀬山トンネルの並走区間をひたすら国道180号線を歩いたハズです。

こちらも今となっては貴重な115系湘南色

当時は山陽本線と違って3両と短いんだな~と思っていたけれど、現在の山陽本線も今では。

 

PCモニタで見るとブレています。

コダクローム64での撮影ですのでシャッターは125分の1秒ではないかと。

 

当時はDD51の貨物が有ったのですね。

トンネルのところに人がいますね。この画像からは鉄っちゃんの様に見えるのですが。。

 

こちらにもトンネルのところに人が!こっちは保線の方です。

恐らくはこのトンネル口のところで撮影したかったのですが、遠慮したのかな??

当時保線作業員の人がいても地元でしたら遠慮なく線路脇に入って行って撮影していた、そんな時代でした。関東と地方という違いも有るでしょうが、そもそも今のようなバカなのもいなかったし、ネットもない時代ですから情報の広がりもなかったですからね。

 

さて、3重連本命の撮影地と睨んでいた第5橋梁到着です!

まずは橋梁と同じ高さの位置から(現在はは木が生い茂って撮影不可)です

 

こちらは国道180号線歩道から。ここも1985年当時の人数キャパからすると現在は3分の1位の人数でしょうか(木が生い茂っていますので)。木の葉が落ちた時期で!

やはり9両編成あると良いですね。現在の付属編成もなんとか国鉄色リバイバルして頂いて、9両での国鉄色復活を願うばかりです!

 

こちらはNikonFA+300mmED F4.5(IF)かな??

トリミングしてはいますが。

 

これは岡山駅です、ブレブレで掲載するに値しないものとなってしまいましたが、

7月30日最後のカットという事で区切りの1枚として掲載です。

PF!

 

それでは!

2022年初、日帰りお花見ツーリング

先週末は久々に日帰りツーリングに行ってきました。

天気も良く気温も温かいというよりは一気に暑い日となり、これは逃すわけにはいきませんので日帰りツーリングに出かけてきました。

 

前日に半年ぶり近くになるでしょうか、エンジンはすんなりかかるかという一抹の不安解消とライディング感のリハビリを兼ねて近場周回コースを少し走っておりましたので、特に不安なく出発。

 

まずは首都高から東北道に乗り、圏央道五霞インタを降りて栃木県の粟野町辺りから古峰神社を廻る、これも定番としている日帰りツーリングコースを考えています。

f:id:fishtail2017:20220415165608j:plain

結果的にこんなコースとなりました。予定外の部分も出ましたがラッキーな点も出て満足な一日となりました。

 

f:id:fishtail2017:20220415165747j:plain

まずはシーズン初日ですのでこまめな休憩をとりに蓮田SAです。

で、このあと出発したときにヘルメットかぶる時にインナーがどうやら折れ曲がって2重になった個所があるまま出発してしまい、数分後にば頭痛になると確信できる感触が。。。

仕方なくバス停に止まり直します。昨年よりこのメットにして気を付けるべき点となったのを忘れていました。

 

その後はスムーズに圏央道五霞インターから新国道4号バイパスを北上、新入社員として配属となった杼木県南部の職場の桜が見ごろなのではと期待して寄ったのですが、すでに葉桜に近くなっていました。

 

新入社員から数年後、バイクに乗り始めて以来定番のコースをめぐります。

ここは栃木県の県道15号の「清流の郷かすお」正直これと言って何も。。。

f:id:fishtail2017:20220415170614j:plain

お尻が痛くなったのと水分補給のため寄りました。

 

県道15号を進んでゆき標高が上がってくると桜が満開のものが出てきます。

f:id:fishtail2017:20220415171430j:plain

道路沿いに綺麗に咲いているので、これは写真に撮らない訳には行きません。

 

他にも彼方此方咲いていて、川と橋と桜の構図で撮れないかと写欲が湧いてきます

f:id:fishtail2017:20220415171723j:plain

なかなか良さげな場所が有りました!

f:id:fishtail2017:20220415171831j:plain

どんどん時間が押していきそう!と思いながらも複数の構図を!川面も入れたいよな!とか色々欲張ってしまいました。

f:id:fishtail2017:20220415171920j:plain

一旦満足しましたので、出発しましたが、発光路の森(昔は路線バスの折り返し地点にログハウスメーカーの方がされているカフェが有った)当たりの公園に、紅色の桜が綺麗に咲いていますので少しだけ寄りました。

f:id:fishtail2017:20220415172109j:plain

公園はこんな感じです

f:id:fishtail2017:20220415172658j:plain

道路の反対側の民家の庭先には、立派な紅枝垂れ桜の木が満開でした。私有地でしたので写真は自粛しておきましたが、巨木好きとしてはそそられるものが有りました。

f:id:fishtail2017:20220415172920j:plain

 

さて、このまま県道15号の峠を頂上まで登り、前日光牧場方面へ右折し

f:id:fishtail2017:20220415173032j:plain

さらに古峰神社へ向かうため、写真の交差点を左に向かいます。

急峻な峠道を下ります。遠くに男体山など見え、雪を頂いています。

 

古峰神社へ到着!

f:id:fishtail2017:20220415173301j:plain

実は最近まで「こぶじんじゃ」と読むのが正しいと思っていました。先輩から聞いて疑いもしていなかったのですがネットで調べてみると「ふるみねじんじゃ」とご自身のホームページにあります。なんとまあ。。。

 

と書いたものの、古峰神社と特に目的としているわけでなく、食事できるところがほかにないから寄っただけ、というのはここだけの話に!

f:id:fishtail2017:20220415173625j:plain

本当はもう少し本格的な蕎麦屋さんでもあれば、という気分ではあったのですが空腹も有りあまり期待もせず「栄屋」さんで山菜蕎麦をいただきます。

700円とリーズナブル、値段通りの内容でした。。。

 

古峰神社を後にして県道14号線を後に南下して帰路に就いた気分で走ります。

県道280号線交差点を右折し、下久我方向へ走り、あまり地図を確認せずに240号を進みますがどうやら進むべきは反対方向(山の方に向かっている)な感じです。

f:id:fishtail2017:20220415174208j:plain

道路標識が出てきたので現在地点を確認、引き返すのもありですがもう少し進んで県道177号経由でリカバリするのが良さそうです。

これがその迷った辺りの地図とルートです。最初のルート写真では14号をもう1本手前で右折したコースになっていました。

f:id:fishtail2017:20220415175208j:plain

 

県道177号に入って昔よくとおっていたルールの道だったのを思い出します。

このあたりから道幅が車幅1.5程度しかないくねくね道になるんだよな~と思っても一向に2車線確保された割と新しい道路が続くというか逆に道が立派になってゆきます。

住民も全くいない山奥の道になんで???とおもっていると巨大な採石場が姿を現します。。。。は~このための運び出しの為なのか~その割には路面に砂とか泥が少ないな~と思いながら5分くらい走ったところでしょうか??

 

橋のしたに巨大な工事現場が突然現れます!南摩ダムの建設工事でした!

f:id:fishtail2017:20220415180029j:plain

南摩ダムという計画自体全く知りませんでした。

この広大さにビックリ

f:id:fishtail2017:20220415180045j:plain

路肩に停めて数枚写真を!
手前に展望台と駐車場がありせっかくですので展望台からも見ることとします。

f:id:fishtail2017:20220415180250j:plain

大型バスが3台と乗用車などは砂利ですが数十台程度停めれるスペースです。

工事ごとの説明も有ります。

f:id:fishtail2017:20220415180345j:plain

 

展望台に上ってみます。これはダム本体よりも上流方向になります。

f:id:fishtail2017:20220415180420j:plain

 

左側の谷幅が狭くなった辺りがダム本体が建設されるようです。

ですのでまだまだこれからですね。

f:id:fishtail2017:20220415180527j:plain


最初この橋の上からの写真になります。
f:id:fishtail2017:20220415180651j:plain

 

説明の図とダム本体が建設される辺り。

f:id:fishtail2017:20220415180727j:plain

 

いや~全く予想もしなかったものを見れました!

正直ダム建設する事が色々な面からみて良いことなのかは判りませんが、

これだけの巨大構造物をみるとその迫力は感じるものが有りますね。

 

これからちょくちょく訪れて建設の過程を見に来ようと思います。

 

ここからは迷うことなく午前にも寄った「清流の郷かすお」で休憩と暑いので冷たいものが欲しくなりました。

 

午前と違い多くのライダーがいます。ソフトクリームを美味しく食べてる!!!

俺もお店の中にはいりおばちゃんにソフトクリームくださいというとソフトは無いとのことで、外のもう一つの店舗なのかと思いますがそちらにもありません。

しかたなく戻りみんな外でソフト食べてるのはこのアイスなの??と聞くとそうだと!

だったら言ってよ!

その後のやり取りにもイラッとしてイラナイとなりました。

商売人ならもう少し考えればいいのにね!同じ時間働くなら身入りをかんがえないのかねぇ??

 

少々疲れてきましたので、帰りは栃木インターから高速で帰ることとします。

国道50号線の佐野ラーメンの共栄ラーメンへ寄りたい気持ちも有ったのですが。。。

 

佐野SAのラーメンで妥協しました。

f:id:fishtail2017:20220415182011j:plain

ついでにソフトクリームも!

f:id:fishtail2017:20220415182036j:plain

 

はれて、大きな渋滞もなく(少しありましたが)リハビリにはちょうど良い一日となりました。

f:id:fishtail2017:20220415182141j:plain

 

次は早いうちに泊りのツーリング、そしてキャンプツーリングに行きたいですね!

 

それでは!

 

特急「やくも」国鉄色リバイバル、2022年3月その3

いよいよ最終日ですが、その前に昨晩せっかくの新見駅近くに宿泊しましたので、

新見駅前を散歩しました。

駅前の通りの橋の両岸には街灯が美しく灯ってました。

 

今まで新見市の事はあまり知りませんでしたが、食べ物や観光資源も色々とある様です。

中学生のときに学校行事で井倉洞に来たことが有ります。

洞窟の中は結構寒かったのは覚えているのですが、景色などはあまり覚えて無く今度機会が有れば入りたいと思います。

 

新見駅前のロータリーです、町の規模からすると小さい。。。

新見駅もこじんまりとしています

山陽本線の快速(もうなくなった)停車駅位の感じでしょうか??

 

さて、当日朝になります

朝起きると天気予報の通りに雨、サンライズ出雲などは見送ることとし、やくも8号から撮影することとします。

 

撮影地は高梁川第7橋梁、晴れれば順光となる筈ですが仕方ありません

115系6連、今のうちに撮影しておかねばですね。

 

やくもは平日という事で短めの編成になってしまいました。

最低でも6連は欲しいですね。

こちらは2連、こんなに短いの。。。3両でもみじか~と思うのです、153系(だったと思う)12両編成や8両編成の山陽本線普通列車を普通に見ていた感覚が抜けてません。。。

 

まずは1本目の本命、初日・2日目と取り逃した64貨物、1039号機の国鉄色が来てくれました!!!

連休明け直後ですがコンテナ積載も良いですね!

 

続いてこれも本命のやくも8号です。

良いですね~

 

しばし休息の後、場所を変えて第6橋梁へ

ここでまたしてもミスりました。

今回縦でのトリミングとして掲載しましたが、セットした構図は実は横でした。

撮影はF6の縦で構えたファインダーを見ながらシャッターを切り、レリーズでD850は引き付けて撮影したのですが、引き付け足らずで最終コマでも10メートル程でしょうか、足りませんでした。。。。

フィルムはエクタクロームE100、SS200の開放F2.8でも1段近くアンダー露出です。

直線を走ってくる381系ですから、200分の1ではフィルムの解像度とは言えブレそうですが、あまりアンダー露出ではスキャニング後の補正に限界もあり悩みどころです。

今年になってF6の2台体制を実現できましたの、1台はISO100の標準感度で、

もう一台はベルビア100Fの増感1+1/3のISO250で運用しようか、考え中です。

エクタはフィルム代があまりに高額という事やら増感耐性はどちらがいいのか、など検証するのも中々大変です。

 

結果は走ってくる列車速度をみて250分の1秒に切り替えました。

まだ現像が仕上がってません、結果は如何に!!!

 

 

本命撮影終了後は、またまた「くさまや」さんで肉うどんを頂きます

 

帰路では国道180号線沿いのよさそうなポイントを確認しながら。。。

備中川面あたりの桜は取りたいですね~

残念ながら今年はタイミング合わずとなり、381系国鉄色とのチャンスは来年だけという事になりそうです。

 

それでは!

 

前回記事はこちら

fishtail2017.hatenablog.com

 

特急「やくも」国鉄色リバイバル、2022年3月その2

2022年3月の伯備線撮影2日目です!

本日の本命は、

1.方谷駅方面でのサンライズ出雲

2.布原駅付近での64貨物とやくも8号

3.第7高梁川橋梁(井倉洞付近)でのやくも9号

4.場所は未定の64貨物とやくも24号

といった感じです。

 

まずは少しだけ早起きして1のサンライズ出雲を狙いに!

サンライズ出雲ですから敢えて今頃から新たに狙う人は少ないだろうとは思いましたが、誰もいません!!

自由に取れるとはいえ少し寂しい。特にこの場所は国道180号線の路肩も狭い場所ですので数人いた方が安心感が有ります。

 

まずは練習用のパノラマやくもでセットした画角やピントを確認します。

問題ありません!次に普通電車ですが115系7両!いつかは湘南色を6両編成で撮りたいものです。

 

そして、いよいよ本命のサンライズ出雲

こちらも7両編成で車体も大きいので迫力が有りますね。

さて、今度は2の上り列車を撮りに布原駅付近へ向かいます。

 

ここでやらかしてしまいました。。。。。

てっきりやくも8号の後に64貨物が9時過ぎに来ると記憶違いしており、実際には8時20分頃(だったと思います、保証は有りません!)に来てしまい、三脚へセットし始めたフィルムカメラのNikon F6で手持ちのしかもピント合わせもその場で、という事になってしまいました。

 

こちらはその後、デジカメD850とフィルムカメラF6をセットし終えたところ。

関東と違ってこれくらいの撮影位置でも「こちらが列車に気づいている動作をすれば!」特段タイフォーンを鳴らされるような事は有りません!

ギリギリですが側面には陽は当たりませんでした。

そんな感じで上り列車が終了!

 

次はやくも9号狙いで第7高梁川橋梁(井倉洞付近)へ向かいます。

その途中にたまたま寄った休憩スペースですが、その1で出した85年のEF64 3重連で訪れた時の写真に似たような滝の前で撮った写真が有るのを思い出します。

 

こちらがその1985年当時の写真です。

「絹掛の滝」石碑が当時と同じものです!

あの頃の純粋だった俺は、今は???

 

第7橋梁到着です!

今度は下り列車ですので順光でケツ打ちとするか、

前面に日は当たりませんが先頭を撮るか、

少し迷いましたが非貫通で本当に国鉄時代に見ていた姿を優先して撮影したく、

対岸に移動します。

 

カメラをセットし終えた数分後位に、

トレーラーが入ってきてカメラをセットしていたみんなはどかされる運命に!!!

この写真の左側が道路で、右側に積み荷積載の設備がある様です。

当日は日曜日で仕事を終えてトレーラーを置きに来ただけ、という感じでしたが平日は頻繁に出入りが有るのかもしれません。

やくも通過時で無く良かったですが、念のためD850のレンズは身動きしやすいように24-120F4に替えました。

練習用普通電車

 

本命のやくも9号

前面もそれほど暗くならず!やはりクリーム色ですのでアンダー気味でもイケます。

 

いったん落ち着きましたので、またまた「くさまや」さんへ!

今日はカレーうどん定食です!このカレーですが出汁も絶妙に効いて美味しい!

 

午後からは場所探しで県道8号線などを北上し、良さげな場所を探します。

が、ここでミスります、上石見-生山駅間で15時頃と思っていた64貨物が14:30頃に来てしまいました。

丁度とれるかな?と構図を見ていた時でしたのでスマホで写しました。

 

その後も場所探しを進め結果的に「下石見信号場」で撮影することとしました。

到着し暫くの間は日差しも有りましたが、やくも24号の時刻まで前面に陽が当たるだろうか、微妙な角度でした。

 

1時間前でこれですから、1時間で15度で計算すれば薄曇り位が良いかな??

そんなちょっと贅沢な思ひから、実際にはエクタE100では明るさ不足までになってしまいました。

デジカメでももう少し明るさが欲しい位でしたが、まずまずと受け止めます。

今日はこれで、お疲れ様!

 

宿「みよしや」さんに戻ります。

部屋はこんな感じです、東横インなどのコストを抑えた今風の部屋です。

必要十分な設備です。

 

それでは!その3に続きます

 

前回(その1)はこちら!

fishtail2017.hatenablog.com

 

 

特急「やくも」国鉄色リバイバル、2022年3月その1

先週の2022年3月19日より地元帰省のついで(というかこっちが本命な雰囲気も)に

3月19日より特急「やくも」に使用している381系1編成が国鉄色リバイバル塗装

された編成での運行開始という事で撮影に行ってきました。

 

1985年(昭和60年)8月3日にかつての伯備線のSL3重連を彷彿させるEF64 3重連(3,2,1号機)イベント列車の撮影に訪れた方谷駅周辺をメインに撮影を考えています。

これがその当時の写真です。興奮してNikonFAのモータドライブで多めに連写したなぁ!

f:id:fishtail2017:20220327213121j:plain

1,2,3号機の並びであれば良かったのですが3号機が先頭です。

 

5年ほど前にも1度訪れたのですが、やくも381系も国鉄特急色ではなく、イマイチ写欲が湧かずうどんを食べて帰ってきた事が有りますが、今度は違います。

新見駅前に宿も確保しての撮影予定です。

 

さて、今回初日は3月20日、地元をゆっくり出発しやくも9号からの撮影です。

f:id:fishtail2017:20220327211916j:plain12時頃通過予定で1時間ほど前の到着になりましたので、場所が空いているか心配でしたが、良いアングルの場所を確保できました。

練習台となる普通電車が1本ほど有りましたのでピントの確認など出来たので、久しぶりでも無事撮影出来ました。

 

その後、もう一つ印象深い場所での撮影を試しておきたく移動します。

f:id:fishtail2017:20220327214339j:plain

ロケハンであまり列車の時間も考えてませんでしたので、来た列車を手持ちで撮影、後ピンでした。。。

木が生い茂っていますが何とか6連でも撮れそうです。

本命列車と重要ポイントの確認が終わりましたので、昼食にします。

 

5年ほど前にもそろそろやくも(381系)も撮影しておかねば、と訪れたのですが

イマイチこのやくもの塗装では写欲が湧かずうどんを食べて直ぐに帰ってきた事が

有るのですが、そのときのうどんの好印象で再訪することに!

f:id:fishtail2017:20220327214935j:plain

「くさまや」さんです

f:id:fishtail2017:20220327215013j:plain

この地方のブランド牛「千屋牛(ちやぎゅう)」の肉うどんを頂くことに。

f:id:fishtail2017:20220327215037j:plain

非常に柔らかく甘いお肉で美味いです!

f:id:fishtail2017:20220327215049j:plain

昼食も満足しましたので、新たな撮影ポイントを探しに!


布原駅付近に行ってみました。

すごい山奥の細い道を不安になりながら走ると、布原の駅と数件の民家のみが存在する

谷へ出ました。

備中神代側の鉄橋です。

f:id:fishtail2017:20220327214512j:plain

明日のやくも8号の9時前後では前面に日は当たりそうですが、側面はギリギリ影になりそうです。天候次第でしょうか?

 

 

こちらは新見側の鉄橋です。見ている間に64貨物が来てしまいました。

f:id:fishtail2017:20220327215840j:plain

ダイヤのチェックが甘かった。JR色やくもよりは64貨物の方が優先度は高いんですが。。。

実はこの鉄橋、かつてのSL3重連の有名写真の場所である事に後日気づくのでした。。。

 

 

布原を出て、備中神代の駅にでました。

f:id:fishtail2017:20220327215556j:plain

芸備線の廃止が取り坐される中、寄ってみました。

f:id:fishtail2017:20220327220312j:plain

f:id:fishtail2017:20220327220331j:plain

 

備中神代を後にして、布原で微妙でした明日のやくも8号の為の上り列車の撮影ポイントが無いかと180号線を北上しならば場所探しします。

f:id:fishtail2017:20220327220354j:plain

何人か鉄っちゃんがいたので、見てみます。

まずまず、24号が来ますのでここで待ってみる事にします(ほんとは64貨物が来ると思っていたのですが臨時の8000番台列車という事に気づいていなかったのは内緒です)

f:id:fishtail2017:20220327220410j:plain

かなり暗く、ISO1600まで上げてSS640分の1、やくもの速度とこの角度だとぶれてしまいました。

 

それでも、ある程度の場所のメドは着けれましたので、ホテルで休むことにします。

f:id:fishtail2017:20220327221323j:plain

予約したのは新見駅すぐ前の「みよしや」さん。

料金もそれほど高くなく、他のホテルより良さそうでした。

f:id:fishtail2017:20220327221443j:plain

千屋牛のメニュー、結構いいお値段していますが、一度は本格的に頂きたいと思いですね。

 

それでは、2日目に続く!

 

3日目その3はこちら