fishtail2017 ~遠くても…空とこの道出会う場所へ~

主にツーリングや日々想う事などを書いてゆきます

2019年10月 北海道へ

先週 浜田省吾100% FAN FUN FAN 2019 札幌公演のチケット当選を機に、

やっぱり北海道行くならツーリングの様に各地を巡りたい!

という事で北海道旅行&100%FFF2019札幌参加を計画、行ってきました。

 

秋の美しい北海道と、そして浜田省吾「100% FAN FUN FAN 2019」という

充分に満足できる旅となりました。

 

ざっくりコースはこんな感じです。

0日目:旭川空港で北海道入り、

1日目:レンタカーでオロロン街道を北上、

2日目:宗谷岬からオホーツク海を南下、

3日目:知床峠~開陽台~屈斜路湖を抜けて帯広へ、

4日目:コンサート当日、層雲峡~旭川でレンタカー返却してJR北海道で札幌、

    コンサート会場の「札幌文化芸術劇場 hitaru」へ直行、FFF2019を堪能

5日目:札幌から羽田を経てそのまま会社へ!

f:id:fishtail2017:20191020220359j:plain

 

今後1日毎に記事にしたいと思いますが、写真だけ時系列で張り付けておきます

 

【0日目】

f:id:fishtail2017:20191020221721j:plain

 

旭川空港からJR旭川駅

f:id:fishtail2017:20191020222043j:plain

夕食にベタですが旭川らしいものを!

f:id:fishtail2017:20191020222224j:plain

f:id:fishtail2017:20191020222311j:plain

 

【1日目】

JR旭川駅近くでレンタカーを受け取り、美瑛の丘巡り

f:id:fishtail2017:20191020222333j:plain

 

やっぱり、セイコーマート

f:id:fishtail2017:20191020222455j:plain

 

利尻富士は雲の中

f:id:fishtail2017:20191020222528j:plain

1日目の宿は「あしたの城」さん

f:id:fishtail2017:20191020222620j:plain

 

【2日目】

昨日夕方撮影途中で曇ってしまったオトンルイ風力発電所

f:id:fishtail2017:20191020222701j:plain

 

白い貝殻の道

f:id:fishtail2017:20191020222825j:plain

 

宗谷岬を経由して、エサヌカ線!

f:id:fishtail2017:20191020222907j:plain

 

枝幸の辺りだったと思います、夕焼け!

f:id:fishtail2017:20191020222949j:plain

 

 紋別の昔名残りの歓楽街?初めて通りました!

f:id:fishtail2017:20191020223036j:plain

 

【3日目】

台風一過で風の強い日となりました

f:id:fishtail2017:20191020223225j:plain

 

屈斜路湖の展望台より、ものッ凄いぃ風でした!湖面も荒れています

f:id:fishtail2017:20191020223306j:plain

 

今回は夕日をよく見ることが出来ました!

f:id:fishtail2017:20191020223341j:plain

 

f:id:fishtail2017:20191020223644j:plain

 

【4日目】

斜里岳、山頂付近はうっすらと氷で光ってました!

f:id:fishtail2017:20191020223716j:plain

 

数年ぶりに霧のかかっていない羅臼岳

f:id:fishtail2017:20191020223848j:plain

 

北19号

f:id:fishtail2017:20191020223944j:plain

 

開陽台のはちみつソフト

f:id:fishtail2017:20191020224020j:plain

 

今年は食べれない!と思っていた「ぱんちょう」の豚丼、当然の様に美味い!

f:id:fishtail2017:20191020224054j:plain

 

【5日目、コンサート当日】

今回の旅の相棒、N-Boxくん!

f:id:fishtail2017:20191020224204j:plain

 

三国峠のだいぶ手前から紅葉が綺麗!

f:id:fishtail2017:20191020224308j:plain

 

タウシュベツは当然水没中でした!

f:id:fishtail2017:20191020224403j:plain

 

三国峠

f:id:fishtail2017:20191020224452j:plain

 

一番紅葉が圧巻だった層雲峡!これは本当に素晴らしかった!

f:id:fishtail2017:20191020224528j:plain

 

スーパーカムイ号で札幌へ!いざ!

f:id:fishtail2017:20191020224636j:plain

 

なんとか予定通りに会場入り!

f:id:fishtail2017:20191020224724j:plain

 

このツアーが終わったらネタバレ込みで記事にしたいと思いますが…

f:id:fishtail2017:20191020224808j:plain

 

コンサート終了後!やっぱり素晴らしいものでした!

f:id:fishtail2017:20191020224919j:plain

f:id:fishtail2017:20191020225045j:plain

 

「札幌文化芸術劇場 hitaru」の外観、

会場はこのビルの4階から上(4階と言っても1階が普通の2~3階分あります)です

が、敷地内ですら全く hitaru と案内が出てなく不安になる位でした。

f:id:fishtail2017:20191020225110j:plain

 

ホテルへ向かう途中、大通り公園でみたテレビ棟と満月

f:id:fishtail2017:20191020225412j:plain

 

ホテルはリーズナブルなチェーンですが一等地にあります

f:id:fishtail2017:20191020225514j:plain

 

北海道初日と最終日の夕食は「ラーメン」どちらもカップ麺より美味い!

f:id:fishtail2017:20191020225616j:plain

 

【6日目、重役出勤】

f:id:fishtail2017:20191020225728j:plain

f:id:fishtail2017:20191020225821j:plain

f:id:fishtail2017:20191020225836j:plain

 

夢の様な時間はこうして終わって行きました!

f:id:fishtail2017:20191020225849j:plain


 以上

 

100記事達成

昨年本格的に記事を書き始めて、前回記事で100記事となりました。

これまで、訪れて頂いた皆様ありがとうございます。

やはり、書くにはモチベーションが必要ですから!

f:id:fishtail2017:20191006093541j:plain

 

まだまだ始まったばかりですが、三日坊主で終わる事無く今後も続けられそうです!

これからも、バイク(もう少し比率を増やしたいと思ってはいるのですが、中々…)やら興味有る事は取り上げ、何のブログだか分からないカオスをキープして行きたいと思っています。

 

 

自家栽培の大玉スイカを食す

9月上旬の事です

 

大玉スイカがいい具合(素人の自己判断です)というか、大きくなる勢いが落ちて来たと感じて、収穫する事にしました。

もともと、スイカの難しさは認識していたので収穫は期待せず、”遊び”での栽培ですが、予想よりは大きく実ったので!!!

 

この写真は8月中旬時点のものです。

といっても比較が無いので大きさが伝わりづらいですが、花火玉でいうと5~6号玉、収穫時点で7号玉位でしょうか←余計分かりにくいわ!!!

f:id:fishtail2017:20190929165312j:plain

 

食したのは、収穫して一週間ほど経過して~ですが。

これがその、7号玉位に成長し、食する直前の写真!!!

f:id:fishtail2017:20190929165435j:plain

 

包丁を入れると!

若い女の子の様???に、少し包丁を入れただけで中の圧力ではち切れてゆきます!

f:id:fishtail2017:20190929165524j:plain

 

食べてみます!

f:id:fishtail2017:20190929165539j:plain

昨年は8月上旬のツーリングに出る直前に、早いのも分かりきって泣く泣く収穫して食べてみると案の定、酸っぱかったのですが。

今年のは、まずまず甘いです!ちょっと熟して柔らかくなっていましたので、ベストなのは1週間程度前だったのと予想しますが、食べれる範囲でした!

お店で売られてるものとは比べようも無い位適いませんが。。。。

改めてプロの技の凄さを認識しました。

 

俺がお店で売っているものとそん色ない程度のものは、未だ茄子だけですね~

 

【前回関連記事】

fishtail2017.hatenablog.com

それでは!

 

 

瀬戸内の小エビのスパゲティを作る

Make shrimp spaghetti

 I went to a fish shop to look for fish that seems to be Setouchi.

 

それにしても、広島カープはCSに出れるんだろうか?

出たとしても、到底DNAには勝てんでしょうね!せいぜい若手に経験を積ませる程度の意味合いしかなさそうですね!

 

9月の連休に実家に帰っておりました。

この度久々に魚屋さんで瀬戸内らしい魚を物色しに行ってみました。

一番期待していたのは煮魚(アマテやカレイなど)に使えるものでしたが、当日はあいにく無し。サービス品で安く出ていた小エビ、小さな烏賊5匹、と渡り蟹の茹を買いました。

 

小エビは以前より、冷凍して東京まで持ち帰って食せるのだろうか(他の魚もそうですが、瀬戸内らしさのある魚は東京で売ってませんので)と思っていたので、実験を兼ねて冷凍にして持ち帰ってみました。

今回は、その小エビと先日作ったトマトソースを使った、小エビのトマトクリームスパゲッティ調理の備忘録です。

 

実家に持ち帰りそのまま冷凍庫へ、保冷剤で上下挟み込みタオルでくるんで(この状態で出発前2時間ほど冷凍庫へ)持ち帰ると5時間弱でも凍ったままをキープ可能です。

f:id:fishtail2017:20190929184426j:plain

 

烏賊は実家で、大根と醤油・みりん・砂糖で煮て、美味しくいただきました。

f:id:fishtail2017:20190929184446j:plain

 

買い物の後はいつもの、ソフトクリーム(バニラとブドウのミックス)

f:id:fishtail2017:20190929184506j:plain

 

ちぃちぃ烏賊の天ぷら、

そもそも「ちぃちぃ烏賊」なんて名前、瀬戸内でしか通じないでしょうか?

f:id:fishtail2017:20190929184550j:plain

 

烏賊と大根の煮物 

若干醤油が濃かったかな?ご飯のおかずとして、丁度良いですが!

f:id:fishtail2017:20190929184611j:plain

 

さて、これが東京に持ち帰って、解凍した小エビです。

結構な量が有るので、まずは殻剥きです。自分ひとりで何分かかるかと思いましたが、

40分程度で剥くことが出来ました。

f:id:fishtail2017:20190929184703j:plain

 

剥き終わり、身、頭、胴体尻尾の殻に分けました。

f:id:fishtail2017:20190929184726j:plain

 

f:id:fishtail2017:20190929184801j:plain

 

まずは、頭と殻でエビの出汁というかエビ油を作ります。

多めにオリーブオイルを敷いたフライパンで炒めてゆきます。

f:id:fishtail2017:20190929184826j:plain

しっかりと炒め、香ばしい匂いがしてきたら水を加えて出汁を取り出しやすくして、終了

f:id:fishtail2017:20190929184901j:plain

 

こんな感じで出来上がり!

あれっ?もう少しエビの風味を抽出できたと思ったのですが、ちょっと薄いような。。。。

f:id:fishtail2017:20190929184924j:plain

 

スパゲッティの準備です。

材料は、ニンニク、鷹の爪、ほんだし、ホワイトソース、牛乳、自家製トマトソース、厚切りジェイソンじゃ無かったベーコン、シメジ、そして瀬戸内の小エビ

白ワインは以前スパゲッティの時にはほぼ毎回使ってましたが、最近はあまり無くても変化を感じることが出来ないので止めてしまいました。

f:id:fishtail2017:20190929184944j:plain

 

ニンニクと少量の鷹の爪(多いとエビが負けてしまいそうなので)

f:id:fishtail2017:20190929185003j:plain

まずは、ベーコンとシメジを投入(ベーコンのコクがあったほうがいいかな?)

f:id:fishtail2017:20190929185028j:plain

 

主役のエビと投入!

f:id:fishtail2017:20190929185052j:plain

 

実は今回一番迷ったのがエビの投入タイミングです。

結局は、上の写真のとおりベーコンとシメジをある程度炒め終わったタイミングで入れました。が、ニンニクの後最初にエビを入れるのも迷いましたが、熱を入れて食するまでの時間は短いほうがよいだろう!と考えた結果です。

で、固くならないうちにエビさん達は取り置き!むっちゃ旨い!

f:id:fishtail2017:20190929185132j:plain

 

ホワイトソースも元、ほんだし、水、牛乳(全部牛乳で良かったかも!)を投入!

f:id:fishtail2017:20190929185155j:plain

 

茹で上がったスパゲッティを投入!エビさん達も戻します!

f:id:fishtail2017:20190929185217j:plain

 

完成!!!塩加減(これも大事ですね!)が若干多かったです。煮詰まってゆくので、少なめで行き、最後丁度良くなるつもりなのですが!

まあでも、数年ぶりに作ったにしては、十分なものと思えます!!!

f:id:fishtail2017:20190929185243j:plain

 

 

【前回関連記事】

fishtail2017.hatenablog.com

 こんな感じでした、それでは!

 

2019年「大曲の花火」BMPCC4K動画

I've shot the fireworks of Omagari with BMPCC4K

f:id:fishtail2017:20190928012813j:plain

 

 先日、第93回全国花火競技大会「大曲の花火」へ行ってきた記事にしましたが、

その時にはスマホ動画しかアップしておりませんでした。

また、せっかく秋田までの遠征ですので、鳥海山をバックに首を垂れた田園風景の中、羽越本線を行き交う列車たちを撮影して来ました。

f:id:fishtail2017:20190928010239j:plain

綺麗な風景ですね~稲刈り、雪景色、水鏡、青々とした稲の時期を撮って行こうと思います。

 

f:id:fishtail2017:20190928010207j:plain

今まで動画はほとんど「ビデオカメラ」を使用していましたが、

このゴツイ感じが溜まらなく好きです!

 

fishtail2017.hatenablog.com

 今回”ようやく”編集(といっても見どころを繋いでノイズリダクションをかけた程度ですが)したので、記事とします。

 


2019年全国花火競技大会「大曲の花火」+鳥海山バックの羽越本線

 【主な見どころ】
1:00  オープニング花火
4:17  磯谷煙火店( 創造花火 優勝 )
    創造花火「オバケも踊るハロウィンパーティーナイト」
10:30  仕掛け花火
24:30  イケブン
27:30 筑北火工堀米煙火店
31:10 片貝煙火工業( 自由玉 入賞 )
34:20 丸玉屋小勝煙火店( 自由玉 優秀賞 )
    10号自由玉「トリコロールの花」
37:35 仕掛け花火
39:30  野村花火工業( 内閣総理大臣賞 )
    10号芯入り割物「昇曲付五重芯変化菊」
    10号自由玉「新緑の躍動」
    創造花火「新緑の躍動」
44:50 マルゴー( 創造花火 優秀賞、芯入り割物 準優勝、自由玉 入賞 )
    10号芯入り割物「昇り曲付四重芯変化菊」
    創造花火「近未来幻想紀行」
48:25 特別プログラム 菊屋小幡花火店
54:50 大会提供花火 令和祝祭
1:08:20 響屋大曲煙火( 自由玉 準優勝 )
    10号自由玉「翡翠をちりばめたペンダント」
1:11:25 篠原煙火店( 創造花火 入賞、芯入り割物 入賞 )
1:14:40 10号30連発
1:21:10 鳥海山をバックに行き交う羽越本線の列車たち

 

【今回使用機材】

 ●カメラ:BMPCC4K(Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K)

 ●レンズ

  メイン:Nikon AF-S 14-24mm F2.8G ED + metabones N/F Speed Booster XL 0.64x

  サブ: OLYMPUS 12-100mm F4 PRO

 で記録は全てQ5、外付けSSDの SUMSUNG T5 1TBで行っています。

 

【感想】

 花火の部分ではISOを1600(デュアルISO3200を意識して)で撮影、これは長岡大花火で感度を低く(デュアルISO400)して絞りを開けた結果と比較したいと思ったためです。

また、鳥海山バックの羽越本線の映像ではNikon+metabones と OLYMPUS MTFレンズとの解像感の違いを気にして編集してましたが、いい勝負と感じてます(フルHDのモニタ上での確認、4Kモニタが欲しい!)

まだまだ検証段階での感想の域を出ませんが、やはりこのカメラとレンズ交換式というところが惹かれますね~

 書き忘れましたが、編集はDavinchi Resolv 15で行っています。

 

【大曲の花火オフィシャルサイト】

全国花火競技大会「大曲の花火」オフィシャルサイト|大曲商工会議所

 

それでは!

 

ある晴れた夏の日の省吾(正午)、、、少し前

昨日の初日も良かった様で、期待が膨らみます!

一方、広島カープの話題が今回のFFFイベントでのMCには無さそうな状況ですが、昨日のジャイアンツ最終戦で勝てた事は、かすかな期待を持てる感じでしたね。

 

f:id:fishtail2017:20190915124336j:plain

9月も中旬になりましたが、まだまだ夏空です

f:id:fishtail2017:20190915124526j:plain

8月の花火大会は残念な事に中止になってしまったそうです。

ツアーサイトが更新され、グッズの情報や、なによりmovie更新で一気にツアーの実感が湧いて来ました!

f:id:fishtail2017:20190915124946j:plain

https://sh-fff2019-afr.jp/

 今日はこの辺で!

 

 

前回関連記事

fishtail2017.hatenablog.com

 

2019年 全国花火競技大会「大曲の花火」

毎度の事ながら暫く前の記事になりますが、8月31日秋田県大仙市大曲で行われた「大曲の花火」を数年ぶりに観に行く事が出来ました!

2019/08/31 “Omagari Fireworks” in Daizen City, Akita Prefecture, was able to go to see for the first time in several years!

 

長岡大花火の時にも感じましたが、ここ数年全国一のレベルの花火の進化は凄いですね~

バイクで言えば、3輪のナイケンや電動バイクがスタートした、とかカメラで言えばミラーレスが当たり前になって来た、という位の時代が変わって来た!という位今まで無かった技術進化の速さですね。

 

かしかし秋田は遠い!東京から車でしたので旅行です!

かつては、大曲の花火のみの日帰り(と言っても翌日9時位に戻る)した事も有りましたが、いまはとても無理です!

前日は鶴岡に、当日は湯沢に宿を確保出来ました!

 

花火当日の午前中は、せっかく秋田まで来たので、鉄ちゃんとして数年ぶりの撮影ポイントをチェックして湯沢の宿に向かい、宿に車を置いて電車で大曲に向かいます。

 

f:id:fishtail2017:20190914025701j:plain

湯沢の駅、臨時列車のスターマイン号

40分位だったと思いますが、大曲に到着

チケットを持っている友人と17時に会場入り口で待ち合わせているのですが、恐らくこの頃が会場に向かう人のピークだったと予想してますが、流れが遅く少し遅れそうと連絡!

f:id:fishtail2017:20190914030333j:plain

大曲駅から会場入り口まで普通に歩けば30分弱です、けど

 

f:id:fishtail2017:20190914030618j:plain

途中から川沿い、会場外でも多くの人が準備してます。

なんと数分遅れで到着、四、五年ぶりに会う花火好きの友人からチケットと宿代を払います(実は大曲も行けないだろうと思って計画して無かったのですが、急遽行けそうとなり、連絡したら丁度一人分有ると言う事で!)

f:id:fishtail2017:20190914031452j:plain

会場です、A席6番の2番台ですので尺玉が正面、スターマインもまずまずの位置です

席に着いた時には、昼花火が始まっています。

f:id:fishtail2017:20190914031930j:plain

まあぁ、昼花火はこんなもんで、、、

 

昼花火の終了後にトイレやら買い出しやら、ようやくまとまって使うのは長岡に続いて二回目のBMPCC4Kのセット(設定ミスでオープニングは撮り逃しました)やら各自準備しているとあっという間に開始の18時50分になります。

 

いよいよ、開始です!

オープニングで使われる曲は 津雲優さんの「夢の空」です。いいですね!


2019年8月 大曲の花火 オープニング

 

 始まる迄は場所が端かな~前過ぎるかな~(※1)と思ってましたが、この近さだとそんな細かいことは関係ないですね!確かに撮影という点では理想席ですが、生の迫力は捨てがたいです!

 ナイアガラは昼間に降った土砂降りの夕立(私はその頃まだ湯沢で、晴れてめちゃ暑かった)の影響か、ごく一部しか導火線が回りませんでしたが、正直ナイアガラの煙りが出なくて良かったかもです。風向きからすると(※2)!

 

 今年は技術進化と予算が増えた(競技にも費用が出る様になったのか?)全体を通して豪華な印象でした。

オープニング動画の次は最後、尺玉30連発!

エンディング曲も毎度変わらず、津雲優さんの「いざないの街」「秋田県民歌」に乗せてイイ雰囲気です。


2019年8月 大曲の花火 尺玉30連発

 

最後はみんなでエールを送りあいます。赤い対岸の光が花火師さん達です


2019年8月 大曲の花火 終了後の花火師さんと光のメッセージ交換、来年も来るよ~

みんなが、楽しそうなのがイイです!

 

帰りはみんなで大曲駅まで歩いて!

終了後、会場を出て少し歩くと、ババヘラ(婆がヘラですくった薔薇の形のアイ

ス)をまだ食べて無かったので!

f:id:fishtail2017:20190914111739j:plain

今日は売れ行き良かった様です!

f:id:fishtail2017:20190914111831j:plain

年によっては寒く、全く売れてなく、気の毒に思う事も有ります!

 

大曲駅から普通臨時列車で湯沢まで!

f:id:fishtail2017:20190914111132j:plain

どうせダイヤ通りに動きゃあしないと思ってましたが、意外に15分ほど(だったと思います)の遅れで済みました。

湯沢到着して宿まで歩く途中、コンビニでアイスとカップ麺!健康に悪い物ほど旨い!

 

※1、我々の席は6番の前から2ブロック、理想は大会提供花火など横一面2広がるプログラムを中央で見れる、3か4番、前から4ブロックかC席が理想です。地元でしか手に入らないと思われますが、コネも必要?)

下の写真の黄色いA席は左側から1番2番と一番右の7番まであり、3・4が中央になります

※2、大曲の花火(8月限定かも)は、半分近い確率で観客側に煙りが流れる事がある気がしています。それでも、全滅とまで酷い事は少ないです。

f:id:fishtail2017:20190914093824j:plain

 幸せな1日でした。

長くなりましたが、それでは!

 

 【前回関連記事】

fishtail2017.hatenablog.com